トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 歯周病治療

【歯周病】歯周病は歯をささえる骨や歯肉の病気

歯周病は歯をささえる骨や歯肉の病気

歯周病とは、歯をささえる骨や歯肉の病気です。たとえば家を想像してみてください。家も土台が悪いとぐらぐらして、ついには倒れてしまうでしょう?このメカニズムは歯周病も同じです。歯周病は、歯の土台である歯槽骨がだんだんなくなっていき、ついには歯が抜けてしまうこわい病気です。

このページでは歯周病についてご紹介します。

<こんな方はぜひ歯周病治療を>
・歯肉が腫れている
・歯肉が赤い、または紫がかっている
・口臭がする
・虫歯でもないのに歯がぐらぐらしている
・歯と歯の間の隙間が大きくなって食べ物がはさまりやすくなった

歯周病の進行とその治療方法とは?

●初期症状がなく症状が現れたときは、かなり進行しています
●ひどくなると、歯が抜け落ちてしまいます

歯垢が石灰化し歯石になると、歯と歯肉の付着部分に隙間(歯周ポケット)ができます。炎症が歯肉内部に進むと、歯根膜や歯槽骨が破壊されて歯を固定する力が弱まり、放っておくと最終的に歯を失います。

軽度歯周病
軽度歯周病歯と歯肉の間の歯周ポケットに歯石やプラーク(歯垢)がたまり、細菌の繁殖により歯肉に炎症が起き、歯肉の腫れや出血などを伴います。

この段階であれば歯科衛生士によるブラッシング指導や、歯のクリーニングを数回おこなうことで、比較的短期間で回復できます。

中等度歯周病
中等度歯周病口臭や出血がひどく、歯石の付着が目立ち、歯肉に炎症を起こしているのが確認できます。徐々に骨が後退しはじめ、歯周ポケットが深くなり、歯もぐらついてきます。

この段階での治療は、歯の表面に沿って歯肉溝の奥に付着した歯石を取っていきます。痛みを感じるときは麻酔をしておこないます。除石を数回おこない、歯肉の状態が改善されたあとに検査をおこないます。

重度歯周病
重度歯周病さらに進行した状態で、歯肉は化膿して真っ赤に腫れています。骨の破壊がかなり進み、歯肉も後退し、歯のぐらつきが大きくなっています。

重度の場合、非外科処置では対応できない部位があれば歯周外科で対応します。それでも保存不可能な場合は、残念ながら抜歯となります。

関連ページリンク

■当院が選ばれる6つの理由
インプラント治療 一般歯科(虫歯治療) 審美歯科治療
矯正歯科 歯周病治療 入れ歯 予防治療
症例 料金表 よくあるご質問 医療費控除について

■院長紹介・経歴
ドクター紹介 院内ツアー 最新の院内設備
アクセス・診療時間 スタッフ募集 プライバシーポリシー

無料カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 歯周病治療


コールバック予約