トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » インプラント治療 » そもそも、インプラントとはなんですか?

そもそも、インプラントとはなんですか?

インプラントとは?●よく噛める、以外にも、残存歯を長持ちさせる効果がある

従来のブリッジ、入れ歯といった方法での歯の欠損部を補う方法は、どうしても他の残存している歯に、維持を求めたりするため、残存歯の負担がより多くなり、結局他の残存の寿命を縮めてしまうという側面がありました。

歯の治療というのは、建物の建築と似たところがあり、たとえば家の建築では建物にかかる負担に対して、必要な柱の本数を決めていきます。もしかかる荷重に対して、柱の本数が少なくては家は倒壊してしまうでしょう。

インプラントは家の柱になる部分ですから、噛み合わせの力に応じて、適切な本数が必要となります。また他の歯にかかる力がインプラントに分散されるため、残存している歯の負担軽減になり、より残存歯を長持ちさせる効果があります。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » インプラント治療 » そもそも、インプラントとはなんですか?


コールバック予約