トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 一般歯科(虫歯治療) » 虫歯の進行と治療方法とは?

虫歯の進行と治療方法とは?

Co(シーオー:初期虫歯)
c0
歯が溶けはじめて虫歯になりはじめた状態です、初期虫歯(Co)ともいいます。ただし、まだ穴があいたり、黒くなっていません。この段階であればフッ素入りの歯みがき剤できちんと歯を磨けば、虫歯を再石灰化させることができます。


C1(エナメル質う触)
c1
虫歯によって歯の表面にあるエナメル質が溶かされ、小さな穴ができた状態です。この段階では象牙質に達していませんので痛みはありません。治療は虫歯になっている部位を最低限削り、白い詰め物を入れて終了します。


C2(象牙質う触)
c2
虫歯がエナメル質の下にある象牙質まで達した状態です。冷たいものや甘いものが沁み、触ると痛みを感じるようになり、麻酔を使って治療します。

虫歯の範囲が小さければ、白い詰め物を詰めて治療は終了します。一方、虫歯が内部で大きく広がっているときは麻酔をして歯を削り、型採りをして詰め物をつくって装着します。


C3(神経まで達したう触)
c3
虫歯がさらに深くなり神経まで到達した状態です。激しい痛みを伴い、神経が壊死すると細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。

治療は麻酔をして根管治療をおこないます。神経を取り除き、根の中をキレイにしてから詰め物をします。途中で治療を止めてしまうと症状が悪化しますので、根気よく通院しましょう。

C4(残根状態)
c4
歯のほとんどがなくなり、根だけが残っている状態です。治療可能な歯質が残っていれば、C3のケースと同じように根管治療をおこない、被せ物をします。



トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 一般歯科(虫歯治療) » 虫歯の進行と治療方法とは?


コールバック予約