2010年4月26日 « トップへ » 2011年11月22日

2011年11月16日

患者さんの状態を理解するために

歯科用CT・デジタルパノラマ撮影・ワイヤレス口腔内カメラといった、最新鋭の画像診療システムを導入することで、より緻密で正確な治療を行って おります。

日本メディカルマテリアライズ社CTスキャン
歯科用CTを導入することで、安全なインプラント治療を実現しています。
CTスキャン

オリンパス位相差顕微鏡オリンパス位相差顕微鏡
口腔内細菌を見るための顕微鏡です。
ポータブルデジタルレントゲンポータブルデジタルレントゲン
持ち運びのできるレントゲンの装置です。
ワイヤレス口腔内カメラワイヤレス口腔内カメラ
口の中をモニターで写すためのカメラです。

治療の痛みを軽減

患者さんの立場に立ち、苦痛なく治療を進めるために、治療に対する痛みや不安を軽減する設備を整えております。

CO2レーザーパナソニック社CO2レーザー

歯ぐきなどの切除の能力に優れ傷の治癒が早いCO2レーザーをご用意しています。
笑気ガス装置笑気ガス装置

歯科恐怖症の方が、リラックスして歯の治療が受けられるようにする装置です。
無痛麻酔器無痛麻酔器

コンピュータ制御によりゆっくり麻酔薬を入れていきますので痛みが少なく麻酔をすることができます。

良質な治療を行うために

最先端の歯科治療を患者さんに享受してもらうため、新しい医療機器の導入を積極的に行っています。

ナカニシバリオサージ(口腔外科用)ナカニシバリオサージ(口腔外科用)

安全で浸襲が少なく、インプラント治療時の骨造成を行うことができます。
エルコプレス(カスタムトレー製作器)エルコプレス(カスタムトレー製作器)

かみ合わせを考慮した精度の高いマウスガードを製作する装置です。

患者さんの安心・安全

患者さんが安心して治療を受けられるように、心電図やAEDを完備しております。また、患者さんの容態の急変に備えて、救急セットも用意しております。

COLIN社生体情報モニタ心電図つきCOLIN社生体情報モニタ心電図つき

全身麻酔の手術にも使える精度の高いクラスのモニターです。患者さんの全身状態を管理することで、安全な治療を提案します。
AED(自動体外式除細動器)AED(自動体外式除細動器)

通常まず使用することはありませんが、近隣の住民や当院の患者さんの万一の心停止に備えて、装備しております。

わかりやすい治療の説明のために

タブレット患者さんに納得して治療を受けてもらうために、なるべく図や写真を多用して治療説明を行うようにしています。

受付

受付

治療中の疑問・質問、料金のことなど、分からないことがあれば、お気軽にスタッフまでお申し付けください。

待合室

待合室
待合室
リラックスしながら診療をお待ちいただけるよう、広めのソファもご用意しました。「患者さんの限られた時間を大切する」をモットーに、スタッフ一同、常にスピーディーなご案内に努めています。

また安心してお使い頂けるよう、スリッパも紫外線消毒を施しております。

診療室

診療室

明るく清潔な院内です。診療を受ける患者さんが気持よくなってくださるよう、スタッフ全員が診療室の美化に努めています。

滅菌対策

滅菌対策

当院ではコップやエプロンまで、可能な限りディスポーサブル(使い捨て)を徹底しています。各種滅菌機器を取り揃えています。小さなお子さまにも、安心して治療を受けさせることができる環境です。

ガス滅菌器
ガス滅菌器

プラスチックでできたものや、熱に弱い物は通常の高圧滅菌機では滅菌できませんので
ガス滅菌機を用いています。


空気清浄機空気清浄機


風邪の時期の院内感染予防として、医院専用の空気清浄機をとりつけています。
余談ですが、花粉症の時期にも有効です。

歯科医師/歯科衛生士スタッフ募集

スタッフ募集

当院では歯科医師、歯科衛生士のスタッフを募集しております。興味がある方は、ぜひご連絡ください。

当院のスタッフ教育についての考え方
どんな組織でもそうですが、従業員と起業者のやっていきたいベクトルが違うものです。その違いを埋めるには、起業者は指針を示すだけで、基本的には従業員に決定権を与えることが大切だと思っています。

当院では、高圧的なトップダウンのマネジメントはおこないません。院長がスタッフの自発的な意見や行動が引き出せるような環境つくりを心がけております。

マニュアルシステムによる早い人材育成
マニュアル医院独自で制作したオリジナルマニュアルあり。経験の浅い方でも、即戦力として活躍できるハイレベルのマニュアルです。指導するスタッフによって、教えることが異なるということはありません。

また、人材育成にも力を入れており、ドクターは自習時間を設けています。これにより、医院で必要な仕事を早期に学習することができます。

マニュアル【自習の一例/歯科医師】
・月曜日......ビデオトレーニング
・火曜日......ドクターマニュアル更新
・水曜日......実習
・金曜日......実習、スタッフミーティング/マニュアル修正
・土曜日......自主練習

他にも......
・タバコをすわないクリーンな職場
・年功序列によらないスターシステムによる人事評価

歯科衛生士募集

当院ではぺリオ、インプラント、矯正とすべての治療をおこなうため、歯科衛生士として必要なスキルをすべて身に付けることができます。また過去において金額の大きいものでは山本浩正先生のぺリオ講習会、明石矯正会(歯科医師向け)派遣の実績があります。また社員研修旅行では東京ディズニーランドの実績があります。

(先輩歯科衛生士より)
みんな仲がいいので楽しく働いています。
昼休みは「大富豪」をしていますので、メンバー募集中です。

給料目安
新卒で21万円以上(詳しくは面接にて)

歯科医師募集

歯科医師募集院長はメインは明石矯正会(1年コース)インストラクター、その他各種 補綴、インプラントの講演等を歯科医師向けに行っております。技術を体得する環境としては、最適だと思います。

またマニュアルシステムによりなるべく早く技術の向上ができるように工夫しています。最新と呼ばれる器材を取り揃え、海外でしか販売していないようなものもたくさんありますので、新しい治療に興味がある人は、勉強になると思います。

当院は子どもの患者さんや女性の患者さんが多いため、女医さん歓迎です。興味があれば見学しにいらしてください。採用条件は経験、技術を考慮し決定します。

(先輩歯科医師のコメント)
この病院に勤めてよかったことは、診療後のトレーニングとかマニュアルにより、上達が早かったことです。他院に勤めている友達の話を聞いても充実していると思います。
ぜひ一緒に頑張っていきましょう。

最先端の治療を、ここ西宮で

最先端の治療を、ここ西宮で

当院のモットーは、安心で最先端の治療を提供するということです。

たとえばインプラントは、最先端のインプラント治療を研究している大学のひとつであるニューヨーク大学歯学部でその高い技術を体得。世界基準のインプラント治療に対応しています。他にも、海外研修も積極的におこない、国際的治療水準の治療をめざしています。

また、「総合歯科診療」も当院の特徴のひとつ。「総合歯科診療」とは、特定の治療法にのみ特化するのではなく、患者さんにとって最も良い治療法を幅広い選択枝の中からチョイスして治療を行うこと。そうすることで、より総合的で患者さんの状況に合った治療ができるというわけです。

こうした日々の積み重ねが実を結び、現在では、地元西宮のみならず、滋賀、京都、大阪、四国等遠方からも患者さんが来院されています。安心の歯科治療をお求めなら。ぜひヒロデンタルクリニックまでご相談ください。

"本物"の歯科治療との出会いは、アメリカUCLAでした

本物の歯科治療との出会い私と"本物"の歯科治療との出会いは学生時代。アメリカのUCLAに行ってインプラントに出会ったのがきっかけです。

当時の授業で悪い歯周病の歯を抜いて入れ歯になってしまった症例をたくさん見て、それにいやけがさしていました。というのも、患者さんは歯をよくしようと思って、歯医者に来たのに、入れ歯になってしまって患者さんはハッピーなのかな?という思いがあったのです。

そしてこの思いを友人の鶴田君(長崎出身)に伝えると、「俺の妹がUCLAで技工士をしとるねー、これからはインプラントというものの時代ちゃ、一緒に見学せんとねー。」と誘われ、その年の夏休みに鶴田君と一緒にUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)に行ったんです。

そしてUCLAで私が見たものは、インプラントが歯の欠損に応用されているのはもちろん、上顎洞ガン手術後の患者さんにも応用されていた画期的な症例。私はこのインプラントという治療法に、カルチャーショックを受けたと同時に、何らかの事情で歯がなくなってしまった患者さんが、もう一度やり直せることができるこの治療法に新しい風を感じました。

私はここからインプラントにのめり込むこととなったのです。

本物の歯科治療との出会い【右写真】1995年UCLAカリフォルニア大学ロサンゼルス校にて。

中央の患者さんは上顎洞ガンで右の顔がない。鶴田妹がつくったプロテーゼを着用。(左から鶴田妹 Dr.ヒロ 鶴田 UCLAレジデント)

私が歯医者になったきっかけ

やはり私の親や兄が医者だったということが大きいですね。彼らの背中をみて育ったので、物心ついたときは自然と医療の世界に進みたいと思っていました。また、元々手先が器用だったということもあります。

同じ医業でも医者ではなく、歯医者を目指したのは、「歯医者は勉強さえすれば、最先端の治療が個人病院で提供できる」ところ。そこが最大の面白さだと考えました。医者は開業医になったしまうと、仕事の内容が縮小しゴルフしかすることがない(笑)。また風邪などを引いたときは、医者に行かなくても勝手に治りますが、たかが虫歯ですが、これは歯医者が治療しないと絶対に治らない。また開業医になっても大学病院よりレベルの高い治療ができるということが大きな理由ですね。

実際に歯医者になって思うのは、歯医者の世界は医者の世界に比べて、技術の進歩が早いことです。ですから、奥が深く、追求していく楽しみがあります。また歯医者の世界はドクター同士が非常にフランク。学閥がなく、外国の先生ともスグに打ち解けあえる雰囲気があるのが、歯科業界の魅力ですね。

当院のポリシー、総合診療とは?

当院のポリシー、総合診療とは?医学が外科、内科と分類されているように歯科では主に(歯内療法科、補綴科、小児歯科、インプラント科、口腔外科、矯正科)と分類されます。

多くの治療は卒後の研修会にて、身に付けることができますが、口腔外科、矯正歯科に関しては一定の基準を満たした施設や環境でないと身に付けることができません。

たとえば、通常歯医者で、矯正歯科を標榜しているところでも、一般の治療と矯正は別の先生が担当するということが通常です。当院はそれらの幅広い歯科技術を身に付けることにより、矯正を含めた総合診断ができることが魅力だと感じています。具体的に言うと、たとえば「詰め物」の治療と「矯正治療」をコラボレートすることで、よく安定的でハイレベルな治療ができるようになったのです。

こうした総合診断をすることにより、それぞれの治療期間の短縮、よりキレイな仕上がりが可能となります。できるだけ得手不得手をなくし、多面的に患者さんにアプローチできるのは、多くのメリットがあるわけです。

これからも、基本に忠実に。初心を忘れず質の高い治療を提供していければと思っています。

プロフィール

ヒロデンタルクリニック院長/田中 宏幸ヒロデンタルクリニック院長/田中 宏幸

院長経歴
岩手医科大学歯学部卒(平成9年)
大阪医科大学口腔外科学講座にて研修医
インプラント有名歯科医院勤務後、
ヒロデンタルクリニック開業(平成14年11月)

受講済コース
京都インプラント研究所認定医100時間コース修了
JIADS歯内療法コース修了
山田邦晶先生NTファイル歯内療法コース修了
CRC歯周外科コース終了
名古屋SJCD歯周補綴コース修了
明石矯正会コース修了
本多正明咬合補綴計画セミナー修了
クリアアライナーセミナー修了
サージガイドシステムライセンス取得
PECぺリオコース修了
レベルアンカレッジシステム基礎、応用コース修了
ニューヨーク大学歯学部ぺリオインプラント科卒後教育コース修了
くれない塾修了
その他短期コースは多数受講
日本顎咬合学会認定医
ICOI Fellow (国際インプラント学会認定医)
ICOI Dipromate (国際インプラント学会指導医)
ADIA Fellow(アメリカインプラント協会認定医)
明石矯正会インストラクター
日本口腔インプラント学会正会員
日本歯科審美学会正会員
日本顎咬合学会正会員

【予防歯科】クリーニングと正しいブラッシングで虫歯・歯周病を予防

予防歯科

「予防歯科」とは、これまでの「痛くなったら治療する」という考え方とは異なり、「お口の健康を維持する」という歯科スタイルのことです。虫歯や歯周病になってから治療をおこなうより、お口の健康を維持できている状態がベストだと考えています。

「治療をしたはずの歯が、何度も虫歯になってしまう」方や、「ブラッシングをしているはずなのに、虫歯になりやすい」という方、ぜひ予防歯科をおすすめします。

このページでは当院の予防歯科メニューについてご紹介します。

<予防歯科はこんな方におすすめ>
・虫歯・歯周病に悩まずいつまでも美しい口もとでいたい
・歯のヤニ、歯石をスッキリしたい

予防歯科のメリットとは?

予防歯科のメリット●虫歯などのお口の中トラブルを未然に防ぐ
定期的にチェックをおこなうことで虫歯や歯周病の予防になり、大切な歯をいつまでも健康に維持することができます。

●治療の痛み・費用を低減できる
痛みや症状がひどくなってから治療するとなると、治療費用や期間もかさんでしまいます。

●お口の中がスッキリする
歯や歯肉をキレイにすることで、お口の中が爽快になります。歯医者さんにサロン感覚で通う方も増えています。

当院の主な予防歯科メニュー

【スケーリング】気になっていた歯石も簡単に除去
「スケーリング」とは、歯肉縁上や歯周ポケット内の根面から付着した歯石を除去する歯周病治療です。スケーラーなどを使用して、歯石が除去できます。スケーリングでプラークや歯石を取り除くことは歯周病治療の基本であり、予防のためにも大変重要な処置。ぜひ、歯の歯石が気になる方は、一度ご相談ください。

【PMTC】歯の専門家がおこなう本格的な歯のクリーニング
お口の中には虫歯菌や歯周病菌など、たくさんの細菌が潜んでいます。これらがお互いに結びつくと粘着性のあるバイオフィルムとなり、その上からプラークが付着すると、虫歯や歯周病を引き起こします。

バイオフィルムは歯みがきで簡単に落とすことができません。こうした汚れを完全に取り除いてくれるのが歯科医歯や歯科衛生士がおこなうPMTC(Professional mechanical tooth cleaning)です。PMTCは専用器具を使ったプロによる歯のクリーニングです。歯の表面の汚れや歯周ポケット内側に付着しているバイオフィルムなどを徹底的に除去します。

【ブラッシング指導】プロが教えるブラッシング
ブラッシング指導歯科衛生士がその場で歯を磨きながら、歯ブラシのあて方や動かし方を指導していきます。ほとんどの方は数回の施術でコツをつかみ、歯みがき上手になっていきます。

患者さんからは「歯みがきの仕方が上手になった」「プロに磨いてもらって気持ちいい」と喜ばれています。歯みがきに自信のない方は、お気軽にお問い合わせください。

【歯周病】歯周病は歯をささえる骨や歯肉の病気

歯周病は歯をささえる骨や歯肉の病気

歯周病とは、歯をささえる骨や歯肉の病気です。たとえば家を想像してみてください。家も土台が悪いとぐらぐらして、ついには倒れてしまうでしょう?このメカニズムは歯周病も同じです。歯周病は、歯の土台である歯槽骨がだんだんなくなっていき、ついには歯が抜けてしまうこわい病気です。

このページでは歯周病についてご紹介します。

<こんな方はぜひ歯周病治療を>
・歯肉が腫れている
・歯肉が赤い、または紫がかっている
・口臭がする
・虫歯でもないのに歯がぐらぐらしている
・歯と歯の間の隙間が大きくなって食べ物がはさまりやすくなった

歯周病の進行とその治療方法とは?

●初期症状がなく症状が現れたときは、かなり進行しています
●ひどくなると、歯が抜け落ちてしまいます

歯垢が石灰化し歯石になると、歯と歯肉の付着部分に隙間(歯周ポケット)ができます。炎症が歯肉内部に進むと、歯根膜や歯槽骨が破壊されて歯を固定する力が弱まり、放っておくと最終的に歯を失います。

軽度歯周病
軽度歯周病歯と歯肉の間の歯周ポケットに歯石やプラーク(歯垢)がたまり、細菌の繁殖により歯肉に炎症が起き、歯肉の腫れや出血などを伴います。

この段階であれば歯科衛生士によるブラッシング指導や、歯のクリーニングを数回おこなうことで、比較的短期間で回復できます。

中等度歯周病
中等度歯周病口臭や出血がひどく、歯石の付着が目立ち、歯肉に炎症を起こしているのが確認できます。徐々に骨が後退しはじめ、歯周ポケットが深くなり、歯もぐらついてきます。

この段階での治療は、歯の表面に沿って歯肉溝の奥に付着した歯石を取っていきます。痛みを感じるときは麻酔をしておこないます。除石を数回おこない、歯肉の状態が改善されたあとに検査をおこないます。

重度歯周病
重度歯周病さらに進行した状態で、歯肉は化膿して真っ赤に腫れています。骨の破壊がかなり進み、歯肉も後退し、歯のぐらつきが大きくなっています。

重度の場合、非外科処置では対応できない部位があれば歯周外科で対応します。それでも保存不可能な場合は、残念ながら抜歯となります。

【矯正歯科】歯並びの悪さは、さまざまな問題を引き起こします

歯並びの悪さは、さまざまな問題を引き起こします

「歯並びが気になっていて、人前に出るのが苦手」という方はいませんか?歯並びの悪さは、そうした見た目以外にもさまざまな問題があります。たとえば、歯周病、虫歯になりやすかったり、筋肉の不調和による痛み、顎関節症、噛む、のみ込む、発音するなど口腔機能障害も起こるケースがあります。

当院では「機能的で美しい」をモットーに、精度の高い矯正治療を行っています。歯並びの問題で悩んでいる方、ぜひご相談にお越しください。

このページでは当院の矯正治療についてご紹介します。

<矯正歯科はこんな方におすすめ>
・歯並びを良くしたい
・食べ物をシッカリ噛みたい
・虫歯・歯周病を予防し、一生自分の歯で噛みたい

【当院の矯正治療】高い技術を持った院長

高い技術を持った院長●矯正の「インストラクター」である院長

一口に歯科医師とっても、当然ですが治療には得手不得手があります。特に矯正歯科治療においては、専門的で高い技術が必要とされる分野です。

当院の矯正歯科は、高い技術を持った院長による治療が自慢です。当院院長は、主に関西の歯科医師が集まり、矯正歯科治療の技術向上について研鑽しあう「明石矯正会」に所属。またそこでは矯正のインストラクターとして、数多くの行進の指導にあたっています。「安心できる矯正歯科治療を受けたい」という方は、ぜひ当院までご相談ください。

【当院の特徴】見えにくい装置・透明な装置

●装置の種類は2種類
当院で扱う矯正装置には大きく分けて2種類あります。

表側矯正装置
表側矯正装置歯の表側にブラケットと呼ばれる装置を取り付け、ワイヤーで固定させるものです。かつては金属製ブラケットが主流でしたが、最近ではセラミック製の目立たないタイプが増えています。ワイヤーも金属タイプやカラーゴム、目立ちにくいタイプなどさまざまなタイプがあります。

マウスピース型装置
マウスピース装置歯型に合わせたマウスピースをつくり、定期的に新しいものと交換しながら、歯を移動させていく装置です。装置が透明でできているため、付けていても目立ちません。

当院ではこれらの装置を患者さんのご希望・症例によって使い分けをおこなっております。ご希望の装置についてはぜひご相談ください。

【当院の特徴】できるだけ歯を抜かないように

できるだけ歯を抜かないように●できるだけ抜歯を伴わない治療計画をご提案
●とはいえ機能的な仕上がりを目指すと、抜歯になってしまうケースも

矯正治療は顎に歯を正しく並べていく治療ですから、並べるスペースが足りない場合、歯を抜いてスペースを確保する場合があります。

当院では、綿密な治療計画を立て、できるだけ抜歯を伴わない治療計画をご提案するようにしています。特に小児の場合、早期に治療を開始することによって永久歯を抜歯することなく、治療が終えられるケースも少なくありません。

しかしながら、美しく・機能的な仕上がりを目指すために、大人の場合ですと7割程度の方が抜歯となりますので、気になる方はぜひご相談にお越しください。

【当院の特徴】痛みの少ない治療を目指す

●できるだけ痛みの少ない治療を目指す

「痛そう」「こわい」という理由で矯正をためらっていませんか?確かに初めて歯列矯正装置を装着した患者さんの中には、「歯が浮いたような感じがする」「食べ物が歯に当たると痛い」など、痛みを感じる方もいらっしゃいます。しかしながら、この痛みは通常2〜3日でなくなりますのでご安心ください。

【子どもの矯正ガイド】子どもの矯正はいつから始めるのがよいのでしょう?

子どもの矯正●7歳前後を推奨
●ただ、気になったらぜひご相談を

日本矯正歯科学会では、7歳半までに受診されることを推奨しています。7歳前後を推奨するのは、歯が生えはじめる時期と関連しています。

この時期は永久歯の前歯が萌出を始める時期なので、お子さんの噛み合わせが今後どのように変化していくのかある程度の傾向を把握することができるのです。

ただひとついえることは、骨格の不調和をそのままにしておくと、5年後・10年後には不調和がさらに大きくなってしまい、その結果、矯正治療も難しくなってしまう場合があります。もし、お子さんの歯並びが気になるようでしたら、なるべく早めに歯科医院を訪ねてみることをすすめいたします。

【大人の矯正ガイド】大人の矯正のメリットとは?

大人の矯正のメリットとは?●見た目の改善はもちろん、発音や、虫歯予防が可能

矯正治療は、以前に比べてずいぶんと身近なものになりました。最近では、ビジネスマンやOLさんなど、ビジネスチャンスをつかむため、「大人の矯正」を始める方が増えています。ここでは大人の矯正のメリットについて少しご紹介します。

【理由1】自分に自信が付く
患者さんの中には、歯並びを改善した結果、「人前でも堂々としゃべれるようになり営業成績がUPした」「素敵なパートナーにめぐり合えて、結婚が決まった」「就職活動がうまくいった」...など、人生がガラリと変わるような経験をする方も多くいらっしゃいます。

【理由2】発音が良くなる
前歯の噛み合わせや位置が悪いと(特に下顎前突や開咬に多い)サ行、タ行、ラ行の発音がクリアでなくなります。そうなると、たとえば将来アナウンサーなど言葉の発音が重視される職種につく場合はハンディになる可能性もあります。

【理由3】虫歯・歯周病予防につながる
歯並びが悪いと歯と歯が重なって生えていたりして、ブラッシングがしにくく、口の中が虫歯になりやすい環境になってしまいます。また、うまく噛ないと口の中をキレイにする唾液の分泌も悪くなってしまいます。また、唾液の分泌は、口臭予防にも有効だと考えられています。

【審美歯科治療】美しく理想の口元を手に入れる治療法

美しく理想の口元を手に入れる治療法

審美歯科治療とは、歯の白さや、歯並びなど、歯の美しさを追求した歯科治療です。当院では、より自然に近い仕上がりを重視した、審美歯科治療をおこなっています。

当院では、ドクターと患者さんが納得するまで色や形の調整をおこないます。ときには技工士に作り直しを依頼することもあります。納得できるものをつくるためにも、決して妥協することはありません。

このページでは当院の審美歯科治療・ホワイトニングについてご紹介します。

<審美歯科治療はこんな方におすすめ>
・歯を白くしたい
・歯の形が気になっている
・銀歯が気になっている
・短期間で歯並びを整えたい

【当院の特徴】より天然の歯に近い歯を提供するために

より天然の歯に近い歯を提供するために●優秀なデンタルラボ(歯科技工所)と提携
●技工士が出張し歯の色を確認

完成度の高い補綴物は、歯に被せたときに隙間ができず、しっかりと噛み合います。当院では技術力の高いデンタルラボと提携し、患者さんのお口の中でジャストフィットする人工歯を提供しています。

また患者さんのご要望があれば技工士が出張し、直接お口の中を拝見いたします。その場で歯の色や形状を確認しますので、患者さんの口元に合った人工歯に仕上がります。技工士の出張をご希望の方は、お気軽にお申し付けください。

【当院の特徴】万が一の時も安心。術後5年保証

術後5年保証当院の審美歯科治療では術後5年の保証があります。食べ物に石が入っていたなどの不慮の事故、被せ物が破損した際でも、5年間は無償でつくり直させていただきます。

ただし、ご自分の歯も定期的なメインテナンスは必要です。インプラントも同様ですので、定期的なメインテナンスに来て頂けることが原則となります。

補綴治療
種類 無料補償期間 保障期間外の料金
オールセラミッククラウン 5年間 正規料金
エンプレスインレー 5年間 正規料金
セラモメタルクラウン 5年間 正規料金
ハイブリッドクラウンインレー 3年間 正規料金
ゴールドクラウン、インレー 3年間 正規料金
硬質レジン前装冠 2年間 正規料金

インプラント(ノーベルバイオケア、アストラテック)
内容 無料補償期間 保障期間外の料金
インプラント本体の脱落、本体破折 10年間 正規料金
インプラント上部構造の破折 5年間 正規料金
上部セラミックの歯の破損 5年間 正規料金
小さなチップは1万円+消費税
スクリュー(ねじ)の破損 5年間 1万円+消費税
義歯との接続部品(アタッチメント) 2年間 2万円+消費税

ジェネリックインプラント
内容 無料補償期間 保障期間外の料金
インプラント本体の脱落、本体破折 5年間 正規料金
インプラント上部構造の破折 3年間 正規料金
スクリュー(ねじ)の破損 3年間 1万円+消費税
義歯との接続部品(アタッチメント) 2年間 1万円+消費税

義歯(入れ歯)
内容 無料補償期間 保障期間外の料金
義歯の破折 2年間 リベース1万円+消費税
小さな補修1万円+消費税
5年間まで正規料金の半額

ご注意
上記の保証は、当院で指示された定期健診を受診されている方のみ(最長6ヶ月間隔)適応となります。また他院で該当義歯の調整、除去、対合歯の装着された場合、及び不慮の事故、義歯の紛失等は保証適用外となります。

【保証が適応される条件】
・担当医指示による当院での定期健診を受けていること

保証には条件(※)があります。医師の指示をしっかり守れば、トラブルが発生してしまうことは、ほとんどありません。リスクファクターが高い患者さんには、個々の症例ごとにご説明し、ご納得が得られた場合にのみ手術を行います。

※以下に該当する方は保証【適応外】となります。
1. 手術後・施術後の医師の指示を守れない方
2. 決められたメインテナンスをなさらない方
3. 歯周病、虫歯や欠損部位を治療なさらない方
4. 他の部位に義歯が入っているのにあまり使わないため、他の歯に負担がかかりすぎる方
5. かみしめや歯ぎしりなどがあるために夜間マウスガードの装着を指示されたが、使っていない方
6. 外傷や事故などにより異常な力が歯に加わった場合
7. 血糖コントロール不可例の糖尿病の方
8. 脳梗塞等で歯ブラシができない方
9. 当院にご相談なく、他の医院で歯の治療を受けた場合(診断や方法が異なる場合があり、治療を困難にする場合があります)
10. 院長本人が治療困難になった場合

【当院の審美歯科メニュー】

オールセラミック
オールセラミック●微妙な色の調整で天然歯に近い仕上がりが可能

素材にセラミック(陶器)を使った人工歯で、透明感があり、天然歯に近い仕上がりです。特に見た目が気になる前歯に適しています。

金属を一切使用していませんので歯の根元や歯ぐきの変色が少なく、金属アレルギーの心配がありません。さらに微妙な色の調整が可能で、周りの歯の色と合わせることができます。また着色や汚れがつきにくいといった特長もあります。

ただし強い衝撃が加わると、まれにひびが入ったり欠けたりすることがありますので、注意が必要です。


ハイブリッドセラミック
ハイブリッドセラミック●審美性に優れ、周囲と馴染みやすい

セラミックとプラスチックを混合してつくったクラウン(差し歯)です。審美性に優れ天然歯に近い色合いがあります。プラスチックを使用しているため周囲と馴染みやすく、他の歯や歯肉を痛めません。また金属を使用していませんので、金属の溶け出しによる歯ぐきの変色や金属アレルギーの心配もありません。

その一方で、オールセラミック・クラウンに比べると柔らかく、噛み合わせの状態によっては割れたり欠けたりすることもあり、使用が難しい場合もあります。さらに経年変化が起きやすく変色や摩耗の心配もあります。


メタルボンド
メタルボンド●内部に金属を使用した人工歯

金属冠の上にセラミック(陶器)製の人工歯を焼き付けたもので、審美歯科治療では最も多い治療方法です。耐久性があり、1本~複数の歯、あるいはブリッジに適用します。色調をつくることができ、前歯、奥歯を問わず自然な色合いに再現が可能です。自然な色・つやがあり、汚れがつきにくく、耐久性があり、長期間安定した状態で使用することができます。満足度の高い治療が可能です。


ホワイトニング

ホワイトニング●薬を使って歯を白くする

ホワイトニングとは薬剤を使い、歯を白くする治療です。歯の表面に専用のホワイトニング剤を塗って薬を浸透させ、歯を白くしていきます。茶渋や飲食物の着色、タバコのヤニなど、PMTCやクリーニングでは取り除けない汚れを、見違えるほどキレイに落とします。施術後は輝きのある自然な白さを取り戻すことができます。

「治療がこわくて歯医者に行けない」という方へ【痛みの少ない治療】

痛みの少ない治療

虫歯をそのまま放置している方はいませんか?どうぞ、ご安心ください。最近では、治療技術や器具の進歩により、痛みをほとんど感じさせない治療ができるようになりました。「痛みの少ない治療」はもはや当たり前なのです。

このページでは、当院の虫歯治療についてご紹介いたします。

痛みの少ない治療

痛みの少ない治療●表面麻酔と電動麻酔機を使用
●香りのよい薬剤を使用することでリラックス効果も

治療中の痛みは患者さんにとっては苦痛でしかありません。当院では万全な痛み対策のもと、できるだけ痛みが少ない治療を心がけています。

たとえば、麻酔そのものの痛みを軽減するために、麻酔前には歯肉の粘膜に表面麻酔を塗り、感覚を麻痺させます。そのため、針を刺したときのチクっとした痛みさえもありません。

さらに、薬を入れるときは電動麻酔機を使用します。一定速度でコントロールしながら注入しますので、麻酔液が入っていくときの痛みや不快感もありません。

加えて当院では、「香りの良い」の特別な表面麻酔を使用することで、患者さんがリラックスできるように工夫。薬剤独特の匂いが苦手な方や、お子さんも安心して治療を受けることができます。

虫歯の進行と治療方法とは?

Co(シーオー:初期虫歯)
c0
歯が溶けはじめて虫歯になりはじめた状態です、初期虫歯(Co)ともいいます。ただし、まだ穴があいたり、黒くなっていません。この段階であればフッ素入りの歯みがき剤できちんと歯を磨けば、虫歯を再石灰化させることができます。


C1(エナメル質う触)
c1
虫歯によって歯の表面にあるエナメル質が溶かされ、小さな穴ができた状態です。この段階では象牙質に達していませんので痛みはありません。治療は虫歯になっている部位を最低限削り、白い詰め物を入れて終了します。


C2(象牙質う触)
c2
虫歯がエナメル質の下にある象牙質まで達した状態です。冷たいものや甘いものが沁み、触ると痛みを感じるようになり、麻酔を使って治療します。

虫歯の範囲が小さければ、白い詰め物を詰めて治療は終了します。一方、虫歯が内部で大きく広がっているときは麻酔をして歯を削り、型採りをして詰め物をつくって装着します。


C3(神経まで達したう触)
c3
虫歯がさらに深くなり神経まで到達した状態です。激しい痛みを伴い、神経が壊死すると細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。

治療は麻酔をして根管治療をおこないます。神経を取り除き、根の中をキレイにしてから詰め物をします。途中で治療を止めてしまうと症状が悪化しますので、根気よく通院しましょう。

C4(残根状態)
c4
歯のほとんどがなくなり、根だけが残っている状態です。治療可能な歯質が残っていれば、C3のケースと同じように根管治療をおこない、被せ物をします。


【インプラント】専門医による高度なインプラント治療

門医による高度なインプラント治療

インプラントのカウンセリングをしていると、「インプラント手術は安全ですか?」といった質問をされる方があとを絶ちません。どうぞ、ご安心ください。当院では最新の医療設備のもと、インプラント専門医による高度なインプラント治療をおこなっています。

このページでは当院のインプラント治療についてご紹介します。

<インプラントはこんな方におすすめ>
・自分の歯と同じように噛みたい方
・入れ歯やブリッジが合わない方
・ブリッジで両隣の健康な歯を削りたくない方

【当院の特徴】10年以上にわたるインプラントの経験

インプラント●長いキャリアと、世界基準のインプラント

当院院長インプラントのキャリアは、10年以上。長いキャリアと経験で安心の治療を提供しております。

大学を卒業後、大阪医科大学口腔外科にてインプラント治療を開始。京都インプラント研究所の認定医養成100時間コースを1998年に修了し、1999年には日本口腔インプラント学会にて「抜歯後の骨欠損部にGBR及び骨補填剤を応用したインプラントを植立した一例」という題目で発表した経験もあります。

最新の治療で、世界基準のインプラントを
インプラントさらに、院長は世界基準のインプラントを患者さんに提供するためにI.C.O.I.(世界最大のインプラント学会)に参加。ニューヨーク大学インプラント科の卒後研修コースに在籍し、世界基準のインプラントを提供しています。

歯科業界は常に日々技術の進歩、医学進歩が著しい業界。常に基本姿勢として新しい技術を学び続ける必要があるのです。

そうした高い技術が数多くの学会から認められ、I.C.O.I.(国際インプラント学会)の最高資格Diplomate(指導医)、Fellow(認定医)を習得しています。

【当院の特徴】歯科用CTで安全性の高いインプラント治療

歯科用CTで安全性の高いインプラント治療●安全で安心できるインプラント治療を提供できる

当院では、安全で安心できるインプラント治療をするために院内にCTを完備しています。CTとはコンピュータにより人体の断面写真を撮影し、体組織を詳細に解析できる医療用診断機器のことです。人間ドック等でCT検査を受けられたことがある方も多いかと思います。

安全なインプラント治療をするためには、顎の血管、神経、上顎洞、骨のくぼみなど、さまざまな解剖学的な情報が必要となります。以前はパノラマ写真、デンタル写真のレントゲンの診断のみでインプラントをおこなっていましたが、それでは航海図をもたずに海に出る様なものでした。

当院では、事前にCT診断をおこない、埋入するインプラントの位置、長さ、太さ、角度まですべてを説明したあとにインプラント治療をおこないます。また、術中にもCT撮影をおこないながら、万全の態勢で治療にあたらせていただきます。CTという頼もしい航海図のおかげで、リスクが限りなく少ない治療を提供できるというわけです。

【当院の特徴】安全性が高く、安価なインプラント"ジェネリックインプラント"

ジェネリックインプラントとは?●安全性が高く、より安価なインプラント治療をご提供

現在、全世界で100以上のインプラントメーカーが存在します。しかし、日本の法律などの関係から、メーカーとしての採算が取れず、良質だが、日本に参入していないインプラントメーカーは多数あります。

当院では、今までインプラント治療を断念していた方に、精度は下げずインプラント治療を提供するために、「ジェネリックインプラント」をおすすめしています。これは、韓国製のDentis Implant System(AstraTec Implantジェネリック品)と呼ばれるインプラントシステムです。このインプラントには以下のような特徴があります。

ジェネリックインプラントの特徴
・日本認可申請中(2012年度くらいに認可予定)、FDA(アメリカ食品医薬品局)、CE(欧州共同体安全マーク)の認可は受けている
・円高及び院長インストラクター価格のためインプラント本体が安価
・信頼と実績のあるアストラテック社のコピーなので、転院した場合でも上部構造の製作が可能
・価格を抑えるため、銀歯の歯(保険使用同一金属)を使用する。奥歯に適応
・保証期間インプラント本体5年、上部構造3年

これによって、患者さんに安全性が高いより安価なインプラント治療をご提供できるようになっています。インプラント治療を費用の面からためらっている方は、ぜひ当院までご相談ください。

【当院の特徴】セカンドオピニオンもご相談ください

当院の特徴●インプラント治療に不安を抱えている方はぜひご相談ください

セカンドオピニオンとは「第二の意見」という意味で、患者さんが治療を比較検討する際に複数の専門家からアドバイスを受けることができる権利のひとつです。納得して、最も自分にあったインプラント治療を受けていただくためにも、セカンドオピニオンを聞くことはとても大切になります。

「主治医の先生にインプラントの相談をしたら、顎の骨が薄いためできないといわれた」「すぐにインプラントをすすめられて、他の治療法の説明をしてくれない」「話が専門的すぎて、あまり理解できなかった。もっと親身に相談にのってほしい」そんな不安や悩みを抱えている方は、ぜひ当院へお越しください。

【当院のポリシー】「価格だけ」でインプラントを選ばないでください

安心のインプラントの選び方とは?インプラントなどの保険外診療の金額は各歯科医院均一ではないため、値段が医院によって異なり、困惑する患者さんも少なくありません。ここでひとついえることは、特別安いインプラント治療は避けたほうが無難だとアドバイスさせていただきます。

インプラントとは、患者さん一人ひとりにカスタマイズされたもの
歯の治療は、画一的に製作された、パソコンやテレビとは違います。たとえばソニーのパソコンを買うのであれば、欲しいパソコンの機種を調べて、一番安いところで買えばいいと思います。しかし歯の詰め物はほとんど手作りで製作されているため、価格のみで判断するのは非常に危険といるでしょう。

インプラントなどの保険外治療にかかる経費は、「治療にかかる時間(テナント代、人件費)」「歯の詰め物製作に発生する費用(金属代、歯型をとる材料)」「歯をつくる技工士に支払う技工料」が主であり、利益となる「技術料」は少ないものです。つまり、安心できる一定の基準をクリアしたインプラント治療を受けるためには、ある程度の費用が必要ということなのです。

1. 治療にかかる時間
歯の治療期間は長くかかるというのはある意味定説ですが、短期間で治療が終わるということは意外にも術者、患者側の共通の利点でもあります。

しかしながら極端な時間の短縮は手抜き工事にもつながりますので、注意が必要です。保険外費用は通院が何回かかろうが費用が決まっていますので、指示された治療期間は最低限必要と思われます。また東京都と地方では土地代及び人件費が違うので治療費も差がでてくるものと思います。

2. 金属代
金を含有した金属は非常に高価でありますが、ニッケル等の卑金属を利用したものではほとんど費用がかかりません。口の中は食塩水状態(海水に金属を入れることを想像してください)ですので、生態親和性があるもの、腐食しないものを使用することが重要です。

3. 技工料
技術の巧みな技工士がつくる歯の詰め物と、大量生産型分業制の技工士がつくる歯の詰め物、中国等で生産された歯の詰め物等では当然ながら、費用が違います。インストラクタークラスの技工士は標準の約3~5倍の製作費がかかりますし、中国技工物では、標準の3分の1くらいで済むと思います。

当院ではインストラクタークラスの技工士を使用し、患者さんの負担費用は標準ですので、お得だと思います。

そもそも、インプラントとはなんですか?

インプラントとは?●よく噛める、以外にも、残存歯を長持ちさせる効果がある

従来のブリッジ、入れ歯といった方法での歯の欠損部を補う方法は、どうしても他の残存している歯に、維持を求めたりするため、残存歯の負担がより多くなり、結局他の残存の寿命を縮めてしまうという側面がありました。

歯の治療というのは、建物の建築と似たところがあり、たとえば家の建築では建物にかかる負担に対して、必要な柱の本数を決めていきます。もしかかる荷重に対して、柱の本数が少なくては家は倒壊してしまうでしょう。

インプラントは家の柱になる部分ですから、噛み合わせの力に応じて、適切な本数が必要となります。また他の歯にかかる力がインプラントに分散されるため、残存している歯の負担軽減になり、より残存歯を長持ちさせる効果があります。

ようこそ!ヒロデンタルクリニック・西宮インプラントセンターへ!

ようこそ!ヒロデンタルクリニック・西宮インプラントセンターへ!

数ある歯科医院の中から当院を選んでいただき、ありがとうございます。私たちヒロデンタルクリニック・西宮インプラントセンターは、この場所に開院以来、最新の医療設備のもと一貫した診療システムを取りながら、みなさまのホームドクターとして最善の治療をおこなってきました。

現在では、地元西宮のみならず、滋賀、京都、大阪、四国など遠方からも患者さんが来院されています。また海外研修も積極的におこない、国際的治療水準の治療をめざしています。これからも慢心することなく、緊張感を持って患者さん一人ひとりと接していくことをお約束いたします。

このページでは当院が大切にしている診療ポリシーについてご紹介いたします。
 

「総合歯科診療」で最良の治療を提供したい

総合歯科診療●「総合歯科診療」を実践している医院
●患者さんにとって最も良い治療法を提案できる

当院では、「患者さんに最良の治療を提供する」をポリシーに「総合歯科診療」を行っています。

「総合歯科診療」とは、特定の治療法にのみ特化するのではなく、患者さんにとって最も良い治療法を幅広い選択枝の中からチョイスして治療を行うこと。そうすることで、より総合的で患者さんの状況に合った治療ができるというわけです。

分野のエキスパートが集まり、総合的な治療を提供
例えば深い虫歯を例にとってご説明しましょう。このような虫歯には、先生の得意分野によって3つの治療方法があります。

たとえば、インプラントの先生なら、歯を抜いて、新しくインプラントを入れる治療法を提案します。歯周病の先生なら、歯ぐきを切って、溜まった膿を出すことで虫歯を改善。矯正の先生なら、歯を引っ張り上げることで、差し歯にします。このように、各先生の得意分野によって治療方法はさまざまなのです。

当院では、これらの治療法の中からどれかひとつをチョイスするのではなく、組み合わせながら、最良の治療を提供しています。これもさまざまな分野のエキスパートドクターが集まり、各分野で研鑽を積んでいるからこそ。さまざまな角度から治療方法を考え、患者さんに最良の治療を提供します。
 

分かりやすい・納得できる。安心して治療を受けていただくために

安心して治療を受けていただくために●患者さんへの説明を重視
●治療中、治療後も処置内容や次回の内容を説明

当院では納得できる治療をおこなうために、患者さんへの説明を重視しています。初診時には全体の治療計画をきちんと説明。また治療方針は説明を聞いた上で、患者さんご自身に選んでいただきます。

また毎回の診療においても、説明を怠ることはありません。治療前にその日の処置内容を説明し、治療後には残りの治療回数と次回の治療内容などをお伝えします。

そのせいでしょうか。当院の患者さんからは、「歯を抜かれた」ではなく「歯を抜いてもらった」という言葉をよくいただきます。納得の治療は、まず説明から。当院が大切にしているポリシーのひとつです。
 

歯科用CT・デジタルパノラマを始めとする最新鋭の診療システム

システム●CTを始めとする最新鋭の診療システムを完備
●最先端の設備があるかどうかは、歯医者選びのひとつの基準

当院の自慢は、歯科用CT・デジタルパノラマを始めとする最新鋭の診療システム。最先端の歯科治療を患者さんに享受してもらいたいという思いから、新しい医療機器の導入を積極的にしています。

たとえばCTスキャンは日本メディカルマテリアライズ社のCTスキャン完備。インプラントや親知らずの抜歯などに使用され、高解像度の3次元画像を得ることができます。これにより従来の装置では判別できなかった、症状の原因の究明に役立ちます。

当院はホテルのような内装ではありませんが、医療設備はまちがいなく最先端のものを装備しているという自負があります。こうした最先端の設備があるかどうかは、歯医者選びのひとつの基準。ぜひ歯医者を選ぶときのご参考にしてみてください。

最新の院内設備について詳しく知る
 

「痛みの少ない治療」は、もはや当たり前です

痛みの少ない治療虫歯をそのまま放置している方はいませんか?どうぞ、ご安心ください。最近では、治療技術や器具の進歩により、痛みをほとんど感じさせない治療ができるようになりました。「痛みの少ない治療」はもはや当たり前なのです。

一般歯科(虫歯治療)ついて詳しく知る
 

歯並びの悪さは、さまざまな問題を引き起こします

歯並びの悪さは、さまざまな問題を引き起こします「歯並びが気になっていて、人前に出るのが苦手」という方はいませんか?歯並びの悪さは、そうした見た目以外にもさまざまな問題があります。たとえば、歯周病、虫歯になりやすかったり、筋肉の不調和による痛み、顎関節症、噛む、のみ込む、発音するなど口腔機能障害も起こるケースがあります。

当院では「機能的で美しい」をモットーに、精度の高い矯正治療を行っています。歯並びの問題で悩んでいる方、ぜひご相談にお越しください。

矯正歯科について詳しく知る

 

【インプラント】専門医による高度なインプラント治療

専門医による高度なインプラント治療インプラントのカウンセリングをしていると、「インプラント手術は安全ですか?」といった質問をされる方があとを絶ちません。当院では最新の医療設備のもと、インプラント専門医による高度なインプラント治療をおこなっています。

インプラントについて詳しく知る


2010年4月26日 « トップへ » 2011年11月22日


コールバック予約