トップへ » 【草稿】歯髄バンクについて

【草稿】歯髄バンクについて

本院では、株式会社再生医療推進機構と協力しまして、歯髄バンクの受け付を行なっております。

再生医療のための歯髄バンク
再生医療は単なる治癒ではなく、不慮の事故等で失われてしまった器官や部位をご自身の細胞から復元する医療技術です。夢の様な話でしたが、近年革新的に技術発展致しました。

みなさんも御存知の通り、山中伸弥教授がノーベル生理学・医学賞を受賞されました。ニュースでも多く取り上げられていますが、iPS細胞は再生医療の分野で注目されています。再生医療技術は身近な医療法と成りつつあるのです。

では、再生に必要な幹細胞はどのタイミングでどこを保存すればいいのでしょうか。

幹細胞は年齢とともに減少してしまいます。しかも新陳代謝の激しい部位はあまり適しません。その点、歯髄は硬組織な歯に守られているため非常に適していると言えます。しかも乳歯や親知らずでも問題ない点はさらに大きなポイントとなると思います。

歯髄バンクは、いままで廃棄されていた患者さま自身の歯をお預かりし、将来の事故に備えるための取り組みです。


詳しくは株式会社再生医療推進機構


トップへ » 【草稿】歯髄バンクについて


コールバック予約