トップへ » 再生医療とは

再生医療とは

再生医療とは、ケガや病気で失った部位を自分自身の幹細胞を利用し元通りに再生する最先端の医療技術です。その能力の元になるのが「幹細胞」で、そのおかげで人間は、大きな怪我では無理ですが、多少の切り傷や火傷、病気であれば元通りに自己修復することができます。


トップへ » 再生医療とは


コールバック予約